小児歯科

二人三脚で、お子さまの歯を守っていきましょう

二人三脚で、お子さまの歯を守っていきましょう

生まれ持ったお子さまのきれいな歯を、生涯を通して健やかに保ちたいと考えていらっしゃる親御さんがほとんどかと思います。ものをよく噛んで食べられるということは、健康生活においても大切な要素である一方、子どもの歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすいためしっかりとケアしていくことが必要です。お子さまのお口の健康を一番近くで守ってあげられるのは親御さんですので、当院と二人三脚でお子さまの虫歯予防に取り組みましょう。

歯医者さん嫌いにさせません

歯医者さん嫌いにさせません

お子さまが初めて歯科医院に来る時は、どうしても緊張してしまうものです。そこで、当院では、歯医者さんというものに前向きなイメージを持っていただけるような接し方を心がけています。例えば待合室には絵本があるため楽しく過ごしていただくことができ、治療の際も、いきなり歯を削り始めるのではなく、まずは診察台に横になる、口を開ける、器具に慣れる…といった感じで、その子の状態や慣れ具合を見ながら着実にステップアップしていけるようにしています。そして、上手にできた時は褒めて、お子さまが「歯医者さんに行くのが楽しい」と思っていただけるようにしています。

健康な歯を保つために、子どもの頃からできること

どれだけ優れた治療をしても、生まれ持った歯のきれいさには及びません。自分の歯をなるべく長期的に良い状態に保てるよう、お子さまの歯科においても大人と同じく「予防治療」が重要です。

お子さまの歯を健やかに保つために大切なのは、以下の3つです。
  • 1食生活の見直し

    「だらだら食べ」をしないこと。常に歯が汚れた状態となり、虫歯が進行しやすくなってます。また歯だけではなく、身体全体の健康を考えた食生活を送るようにしましょう。

  • 2正しい歯みがき方法の習得

    食後には、適切な方法で歯みがきを行うよう習慣づけしてあげてください。また、小学校低学年くらいまでのお子さまには、親御さんの「仕上げみがき」が必須となります。

  • 3検診とクリーニング

    集団検診や歯科医で検診などを利用し、定期的に歯のチェックをすることが、お子さまの歯の健康に繋がります。なお、朝霞市在住の方でしたら、「こども医療費支給制度」をご活用いただけば、中学3年生までは費用負担なしで検診や治療を受けられます。

妊娠を考えている女性、妊娠中の女性へ

妊娠を考えている女性、妊娠中の女性へ

全身の力を使うご出産を控えた妊婦さんには、出産前に虫歯の治療や歯周病ケアを終えられておくことをお勧めしております。レントゲンや麻酔の悪影響が出ない時期の妊娠5ヶ月目以降、いわゆる「安定期」の妊婦さんであれば、原則として治療をお受けいただけます。ただし、お腹が大きくなってからですと、仰向けの姿勢がつらいとおっしゃる方も多くなってきますので、早めに治療を終わらせるようにしましょう。妊娠の状態に不安がある場合は、かかりつけの産婦人科医さんと相談しながら治療を進めていきますのでご安心ください。

なお、本来は妊娠する前に歯の中をきれいにしておくのが理想です。妊娠を考えていらっしゃる方は、まずは検診とクリーニングを受け、もし虫歯や歯周病があれば早めに治療を済ませておきましょう。妊娠する前に歯を良好に保っておけば、妊娠期間中のストレスがかなり軽減されます。ただし、既に妊娠している可能性がある方は、行える処置が限られてきますので、その旨をお伝えください。